ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


お店には私ひとり。

最初は、何飲む?好みは?お茶好きなの?的な簡単な会話を
お姉さんとしてたんだけど。

メモとりながらイロイロ聞いたり、お茶が好き、
鉄観音好きとか言い出した辺りから、
老板と小姐が次から次へとお茶を出してくる。

棚にある壺までだしてきて、
今とは製法がちがう1960年代のウーロン茶飲ませてくれたりもした。
チョコレートみたいに甘くておいしい。

途中から、お茶会で一緒だった方も加わってお茶談義。

製法、お茶の違い、煎れ方とか
いろんなことを教えてくれた。

結局11時半すぎまでおじゃまさせてもらい、
最終日前日の夜にまた来るねーと、
宣言してホテルにもどった。
(これがまた一騒動おこすことになる)

明日は5時起きで、阿里山ツアーに向かいます。



















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 中国語(+料理)ベンキョウ中, All rights reserved.
まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。