ADMIN TITLE LIST
Selected category
All entries of this category were displayed below.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


去年は軽くスルーしたHSKですが、

試験の内容が変わったみたいなので
(というか先生にうけろうけろーと脅されているww)
今年は受けてみようかと思う。

ただ、苦手の作文があるので、すぐにはむり。
文法も復習しないと。

あと听力も速さに慣れとかないといけないし。

というわけで、1日10分程度ですが
podcastでベンキョウはじめております。

ついでに、昔の高級HSKの听力、試しにきいてみた。
速すぎてついていけん(笑 どうしよw
スポンサーサイト


12月受けるぞー。
とりあえず今のレベルを知るために。

目標:全項目で前回(もういつ受けたかも忘れた)よりも良い点をとる。

で、来年の5月または10月で目標をキッチリ決めてもう一回受けようと思う。

聴力が弱いので、Amazon中国でいろいろ本を買ってみた。
# 汉语流行口语宝典(附磁带)
# 原声汉语-初级实况听力教程(附盘)
# 原声汉语-中级实况听力教程(附盘)
# 原声汉语-高级实况听力教程(附盘)
# HSK中国汉语水平考试<高等>听力理解模拟试卷30套(附录音文本)

听力理解模拟试卷の磁帯は別のところで調達。
高等はまだまだ受けれるレベルじゃないけど、
英語学習の経験上、
聴力強化のためにはちょっと上のレベルのを聞くほうが効果があると思うので。

つーか、我が家にはカセットデッキがない・・・。
どこかから調達せねば。


ブンポウ12 ・・・把構文その1

”把構文”の基本は以下のとおり。
基本形:「主語+把+目的語+述語動詞+その他の成分」
否定形:「主語+不or没+把+目的語+述語動詞+その他の成分」

把構文の約束事
(全部当てはまらないと把構文は使えない。)
1.人または物事にたいして、何かの動作を通してある結果を生じさせること のときに把構文を使う。
2.特定されるもの、すでにわかっているものが目的語になる。
3.動詞は他動詞。ハダカで使わない(必ずその他の成分を一緒に使う)こと。

(もう、これだけで”うげー”というかんじですねぇ。)

1.人または物事にたいして、何かの動作を通してある結果を生じさせること のときに把構文を使う。
なんでもかんでも把をつければいいというものではなく、処置する、なにかをミスをしたこと、動作の結果を重視するというときに使う。

例:
・请关上。ドアを閉めてください。(特定されたものを処置する)
・我钥匙了。私は鍵を失くした。(うっかりミス)
・我那本书给他了。私は彼にあの本をあげた。 (”给他”で彼にあげたということを重視している)

2.特定されるもの、すでにわかっているものが目的語になる。
「~を」は全て把構文にするというわけではない、ということ。

・我把电影的名字忘了。
×昨天我把电影看了。
上の文は、特定された映画の名前を忘れた(うっかりミス)、といっているのに対し、下の文はただ映画を見ただけで、映画そのものが特定されているわけでもないし、処置をしているわけでもないので、把構文は使えない。

3.動詞は他動詞。ハダカで使わない(必ずその他の成分を一緒に使う)こと。
把構文の動詞は恥ずかしがりやなので、その動詞単独では使わない ということ。

a. V+補語(結果、様態、方向)
・你那本书拿来。あの本を持ってきて。
b. V+了、着
・你这个苹果拿着吧。このリンゴを持っていきなさいよ。
c. V+動詞の重ね
・你这个房间收拾收拾吧。部屋を片付けなさい。
d. V+目的語
・我明天的电影票给。明日の映画のチケットをあなたにあげます。
e. V+数量補語
・我桌子擦了一下。私はテーブルをさっとふいた。

把構文には使えない動詞
目的語をとらない自動詞・・・旅行,走,休息など
方向を表す動詞・・・上,下,过,进,去など
知覚、能願、心理動詞・・・知道,喜欢,觉得など
状態動詞・・・有,像,在など


ブンポウ11・・・了の例外

”没を使うときは了は使わない”

她来了。彼女が来た。
来。彼女は来なかった。
×她

というのは中国語文法のお約束みたいなものだけど・・例外があり、意外とよく目にするところで使っていたりする。

例:好久。お久しぶりです。

没の前に時間を表す語句がある場合、没と了を同時に使うことがある(この辺あいまいなところがいやらしいところ)から。

例:我一年回家。私は一年実家に帰っていない。

直訳すると、「実家に帰っていない状態が一年になった」となる。~なったということはこのは変化の了ということ。

もう一つ”刚を使うときは了は使わない”というのも、お約束。
来。彼は今来たところです。
你的病好、要多休息几天吧。あなたの病気は治ったばかりだから、もう少し休養しないといけないよ。

日本語だけ読むと了をつけたくなるが、副詞は、この一文字のなかに「たったいま、いましがた(行われた)」という意味が含まれているため、あえて完了の了はいらない、ということらしい。

ただし、これにも例外があって刚才の場合は了をつけることができる。(刚だと副詞だが、刚才は”時を表す”名詞「先ほど、いましがた」だから。)

例:我比刚才舒服一点儿
私はさっきよりちょっと気分が良くなりました。

上の例文での了は変化の了になる。


ブンポウ10・・・有一点と一点

基本形は以下。
一点 :「形容詞/動詞 + 一点(儿)
比以前瘦了一点儿。 (Bi3 yi3qian2 shou4 le yi1dianr3) 前より少しやせた。
再喝一点儿吧。 (Zai4 he1 yi1dianr3 ba) もっと飲んでくださいよ。

一点儿 は 程度とか量がちょっとという時に使う。

良い悪い抜きにして、ある事柄を比べたときにちょっと差があるというときにも一点儿 を使う。
姐姐比妹妹高一点儿。 (Jie3jie bi3 mei4mei gao1 yi1dianr3。) 姉のほうが妹より少し(身長が)高い。

そして、私が超初心者だったころ、よく間違えていたことのひとつ。
一点儿は単独では使えない
例えば、
你会说汉语马?。 (Ni3 hui4 shuo1 han4yu3 ma?) 中国語話せますか?
ときかれたときに、
(×)一点儿
と答えてはいけないということ。
この場合は、
会说一点儿 。または 会一点儿
と、一点儿 の前に何かをつけないとだめらしい。
むずかしいなぁ。



| HOME | Next

Design by mi104c.
Copyright © 2017 中国語(+料理)ベンキョウ中, All rights reserved.
まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。